探偵 調査依頼 注意点

探偵に調査依頼をする時の注意点

何かトラブルが発生して探偵に調査を依頼しようとした時に、
探偵に依頼すれば解決するだろうと楽観的に構えている人もいるかもしれませんが、
このような思い込みをしていると思うような結果が出ないということも考えられます。

どんなに調査力のある探偵事務所でもなんの手がかりもなしに調査を進めるのは困難です。
また、その後の調査をスムーズに進めてもらうためにも依頼者の協力は必要不可欠となります。

では、依頼者の協力とはどのようなことなのでしょうか?
漠然というと調査の目的やこれまでの経過などを資料を踏まえて準備しておくことです。

まず、調査目的というのは何のために調査を依頼しているのかということです。
当たり前の話ですが、この部分がハッキリしていないと場合によっては依頼を引き受けてくれないこともあります。
調査結果を何に使うか?というのも大事なポイントでこれがわからなえれば違法性を疑われてしまいます。

浮気調査であれば離婚や慰謝料請求のための証拠が欲しいというように目的をハッキリさせておきましょう。

情報提供というのは依頼者や対象者の情報を正確に伝えるということです。
探偵業法でも反社会的勢力などへの加担を禁じているということもあるので依頼者の正当性を
証明するためにも身分証明書などの提示は最低限しておきましょう。


これまでの経過や資料というのは調査をスムーズに進めて行くためには重要になります。
浮気調査であれば自分でできる限りの証拠を集めていたのであればそれも合わせて提出しましょう。

そうすることで探偵が稼働する期間が短くなることもあるので結果として費用が安く済むメリットもあります。

このように探偵に調査を依頼するからと言って全てを丸投げにするのではなく
自分も協力して調査を進めてもらうという心構えで探偵を利用するといいでしょう。

 

サイトマップ

コンテンツマネジメントシステム