乱歩

青空で乱歩が読めそうです

江戸川乱歩のケースですがぎりぎりセーフになるみたいです。
今年の7月に著作権切れになるので、来年以降は読みまくれそう。
ありがとうTPPだなんて、思わず意味不明な感激の声を上げてしまいそうになりました。
乱歩をセーフにしてくれてありがとうということなのでしょうか。
正確には来年の1月1日以降になると乱歩の作品が青空文庫で読み放題ということになりますが、一昔前の読みたい作家で残ってる有名どころというと江戸川乱歩くらいでしたので、TPPで著作権が70年に延長されると、あと20年待たされそうだとか、近頃はそればかり気になっていました。
そんなに読みたければ古本でも買って読めばとも思うわけなのですが、私の感じだと乱歩作品はかなりの数ありますし電子化された無料版をスマホやタブレットでごろ寝しながら読みたいという強いこだわりがあったのでした。
以前から青空文庫で作品公開へ向けての作業が進んでるのは知っていましたので、と言うことはきっと公開可能なのだろうと思っていましたが、70年延長で決着すると法律は2、3年後に発効になりそうなので、ぎりぎりセーフのようです。
作業者の皆さんも苦労が報われて本当によかったですね。

 

サイトマップ

コンテンツマネジメントシステム