浮気調査 探偵 デメリット

浮気調査を探偵に依頼するデメリット

浮気調査を探偵に依頼したいと思っている人は多いと思います。
探偵に調査依頼をすることで白か黒かわからないモヤモヤした状態から
抜け出し、白黒ハッキリさせることができます。

また、証拠を掴むことができればその後の離婚訴訟や慰謝料請求などにおいて
有利に話を進めることができるというのが大きなメリットです。

では、探偵に浮気調査を依頼することによるデメリットはなんでしょうか?
実際に依頼した人の体験談を見てみると大きく分けて二つあります。

まず一つ目は料金が高いということです。
テレビ番組での調査協力を行っているような調査力の高い探偵事務所の場合ですと
浮気調査の料金は100万円を超えることもあります。
(調査内容や期間によって料金は変わりますが。)

浮気調査をしてその結果パートナーが浮気をしていたことがわかって
慰謝料請求をすることができ、パートナーの年収が平均的な収入を得ていると考えれば
慰謝料によって探偵料金を払ってもおつりが来る可能性は高いです。

それでも100万円というお金をすぐに用意することができない人も多いでしょう。
実際に浮気調査を探偵に依頼する人の中には両親に一時的に費用を出してもらったり、
分割払いで支払っているという人も少なくありません。

パートナーの浮気の有無というのは人生において重大な問題でもありますし、
探偵社も何人も人を雇い尾行したりするなどしなければいけないので
それなりの費用がかかるのは仕方のないことですが、料金の高さはデメリットの
一つと言えるでしょう。

次に、悪質な探偵社に依頼をしてしまうことも大きなデメリットです。
探偵社の中には一人で仕事をする個人事業のような事務所がたくさんあります。

それを完全に否定するわけではありませんが、やはり尾行などが調査に含まれると
たった一人で行うことはリスクが大きいです。
人を使わないことで料金は大手の探偵社より安くなるという魅力はありますが、
適当な調査報告で事実がはっきりしなければ調査をした意味がありません。

もっと悪質な探偵業者になるとわざと対象者に依頼があったことを伝えて
嘘の調査報告をする変わりに対象者からも金銭を受け取ったり、
調査が終了した後に追加の経費や料金を請求されるということもあります。

そういう意味では一般的な業種に比べると依頼する会社をしっかりと
見極める必要があるということは言えるでしょう。

 

サイトマップ

コンテンツマネジメントシステム